アスベストと企業責任に関して

アスベストと企業責任に関して

職場のホワイト化で人材不足問題に取り組む福岡市の社会保険労務士事務所です。仕事のコンセプトは『感動経営』の実現。採用のミスマッチを減らしたい、パワハラ・セクハラ・メンタルヘルスの対策をしたい、モチベーションがあがるチームビルディングをしたいといったご相談を受け付けております。人が幸せになる職場を目指す人事労務管理と職場環境改善のコンサルティングオフィスです。☆無料でお試しできます。⇒「助成金診断」「適性診断」「メンタルヘルスチェック」

アスベストと企業責任に関して

職場と健康被害との関連性について、ここではアスベストによる健康被害を取り上げています。

アスベストと企業責任を問う報道を紹介

■九州アスベスト訴訟

 

【企業の責任を求め原告側が控訴】日経新聞2014年11月20日記事
建設現場でアスベスト(石綿)を吸い込み肺がんになったとして九州4県の建設労働者と遺族計51人が、国と建材メーカー42社に対し総額約11億円の損害賠償を求めた訴訟。

 

原告側は20日、企業への請求を棄却した7日の福岡地裁判決を不服として、福岡高裁に控訴した。

 

7日の地裁判決は、企業への賠償請求は「現場で実際に使った建材が特定されておらず、原告の具体的な結びつきが立証されていない」として退けていた。